十字架を胸に

ココデ カラダヲ ヤスメテイキナサレ チチト コト セイレイノミナニオイテ

本心

9時20時で仕事をさせてもらえている。
そして通勤に1時間かかる。


その1時間はヨメと話せるからいいとして、
0時から6時は寝ている。これでも睡眠は足りていない。


通勤前後2時間は朝は支度夜は飯と風呂。
従って夜は2時間しか俺には時間がない。


俺の一番したいことをその2時間に充てる。
ヨメの笑顔だ。



それがブログを書くようになって30分から1時間削られるようになった。


正直俺にとっては苦痛でしかなかった。
だから一回あっさりやめた。
こんなくだらないこと書いてるぐらいならヨメと話していた方が良い。


ヨメだって俺と話したい。
それを我慢して俺がブログを書き終えるのは待つ。


俺が理解されてほしいんだと。



最近ヨメとは話が通じ合わなくなっていた。
時間のない俺は端的に全て端折る。
そうでなければすぐに別れの時間が来てしまう。


それがさらにヨメと意思の疎通が取れなくなっていた。


それが今日爆発した。
俺はもう正直ブログは無理だった。
大体俺はヨメ以外の人間に認められたいと思っていない。
ヨメとは真逆だった。


だが、俺がやめると言ったらヨメもやめると言い出した。
厳しい話だ。


ヨメは「分かる人間ではない」
むしろ分からず屋だ。


だが、それが良いと俺が思っているのだから、俺が折れる。


ヨメにどれだけレッテル貼っても無駄だw
俺がべたぼれだから。


だから、心が折れた。別に他人と交わる時間など俺には必要ない。
ヨメさえずっと笑顔だったらそれでいいんだよ。


なもんでコメ欄閉じたいところだがそれも許さないだろうヨメは。


だから、まだ続けるが内容は期待するものは出せんよ。